カテゴリ

カテゴリ:神奈川県観光・風景

不動坂から【横浜市・横浜市電保存館にて】

カテゴリ:
鎌倉から横浜まで行く。京急・江ノ電といった感じで鉄分を補給しているわけですが… まだこの日の分は補給しきれていませんでした。
P7221900_R
ということで横浜で乗り換えて

P7221902_R
根岸でバスに乗り換えて

P7221903_R
P7221904_R
横浜市電保存館に行ってきました。
横浜市電は1966年(昭和41年)まで横浜市交通局によって運営されていた路面電車で、市内中に路線が張り巡らされていたもののモータリゼーション進行に伴う交通渋滞の原因になり廃止となってしまったそうな。

ここでは当時の横浜市電に関する資料や鉄道模型、静態保存車両を見ることができます。ちなみに入館料は大人300円やで。

P7221908_R

主要都市の市電が廃止後に他業者に車両を謙譲していたのに対し、こちらは謙譲されなかったそうな。野毛山公園のように横浜市内の各所で保存されているそうです。
特にこの保存館では計7両の車両が屋内展示されており、見応え抜群スタイルになっています。

P7221915_R
P7221907_R

中も見れるんやで。運転台・座席も綺麗に保存されており、当時の雰囲気を感じ取ることができます。某レトロ列車のように意匠性の高いものもありまして…見入るよこれまた。
あと帽子があるので運転手気分になることもできます。ハンドル持ったら吊り掛け駆動のあの音が聞こえそう。


根岸あたりは今まで行ったことがなかった地だったんですが、こういう施設があるとね… 寄りに行っちゃうわなw 戦前から高度経済成長期にかけて活躍した市電の雄姿を見に、この施設に訪れてはいかがでしょうか?

マタキタカ【藤沢市&鎌倉市 江ノ島電鉄線沿い 後編】

カテゴリ:
P7221855_R
うどんを食べた後は藤沢駅から江ノ島駅へ。江ノ島から腰越までの区間は併用軌道区間となってるらしいんで、見に行くことにしました。

調べてみると江ノ島駅から腰越駅までそんなに距離がないらしいので、歩いて併用軌道線沿いの雰囲気を感じに行ってみることにしました。

P7221866_R
江ノ島駅近くの併用軌道切り替え部分、警報機が設置されていますが警備員さん(2名)がおりました。ちなみにこのカーブの目の前には龍口寺があり、右端のちょろっと見えてますけどもバスが止まります。運転時は気を付けなければ…

P7221861_R
ちなみに交差点付近に何かの気配が…

P7221860_R

よ~く見たら前部分でした。江ノ電の形を模した江ノ電もなかを販売する和菓子屋さん、扇屋の中に昔の江ノ電600形電車の車体が入っていました。内部は和菓子製造の作業場とのこと。
P7221863_R
P7221869_R
で、こちらが沿線風景。両脇に車道、真ん中を電車が走るスタイルになっていますが路面電車ではなく鉄道になるとのこと(昔は路面電車だったらしいが)

サーフボードを脇に通り過ぎていくサーファーの風景…
海行かんなってからほぼ10年くらい… 避暑のために水着を買いたいと思ったことが何度あったことだろうか…w 

ちなみに町が続いてるんですが、途中で藤沢市から鎌倉市に入ります。カントリーサインがな…ないねん(´・_・`)

P7221878_R

そして腰越駅に到着。ここまでで気になる地場スーパーなどがあったんで、立ち寄ってたら40分くらいかかりました。

P7221882_R

で、ここで電車に乗って鎌倉に帰りました。
カール・・・


 

マタキタカ【藤沢市&鎌倉市 江ノ島電鉄線沿い 前編】

カテゴリ:
P7221810_R
さて、JR逗子駅で電車に乗ってやってきたのは鎌倉市。3年半ぶりでございますが今回は鎌倉観光はしないで、江ノ電で乗り鉄。

JR鎌倉駅を降りて西にある江ノ電鎌倉駅にやってきたわけであります。あら可愛い駅舎。

P7221815_R
P7221817_R
江ノ電は鎌倉と藤沢を結んでいる、少しローカルな雰囲気が味わえる鉄道です。沿線沿いに観光地や漫画の舞台になった場所が多数あるので国内外問わず観光客がかな~り多め。観光鉄道の色合いが強いですホント。

P7221820_R
海岸が見える所を走る箇所があるので、こういう感じでサーフィンしてるところも見れますよ。
あと道を歩いていると自転車にサーフボードつけて走ってる人とか… ここらならではの風景。

P7221824_R

さて初めにやってきました鎌倉高校前駅。この駅の近くといいますとスラムダンクなどの漫画作品で出てきたあの坂があるんですよね… ここら初めに訪問した頃合いのものだとハナヤマタとか。

P7221834_R
江ノ電・湘南といえばこの風景を想像する人もかなりいるんじゃないでしょうか。
海外でも作品などを通じて知名度がかなり高いため、踏切手前はこんな感じ。日本語が聞こえない。
かなり観光客が集まるようになったため、警備員が常駐するようになったとか…
そらこの数だったらな…w
ちなみに写真には写ってませんが手前にもようけいます。

P7221836_R
太平洋・ヨット・江ノ電・踏切・坂。これでワンセット、湘南の夏の風景…いいじゃないですか。

ちなみに前回来た時が真冬でしたね。それでもサーファーを結構見掛けたという…つおい。
さて、江ノ電回ですが今回はここで一旦区切ります。次回は藤沢のアレです。

琴電ユーザーは逗子を目指す【逗子市・第一運動公園の京急旧600形】

カテゴリ:
P7221751_R

湘南方面に向かうために逗子へ向かうことにした自分。ですが途中でとあるものを見ようと考えていたので、新逗子の手前のある駅で降りる。
P7221773_R

神武寺駅。ここから歩いて例の場所に向かいます。大体徒歩10分ほどでっせ。
…なんだけどもこの時期の徒歩10分はちと辛いw 暑い、暑すぎる。

P7221774_R
微妙に体力が減ったところで目的のものを発見。

P7221776_R
P7221779_R
京急600形電車(2代)601
湘南顔が特徴の車両、逗子市の第一運動公園の隅っこのところに静態保存されてるわけですよ… これをずっと見たかったんだよなぁ…

CIMG1790_R
ちなみに見に行くきっかけになったものがこちら、琴電で通勤ラッシュ時を中心に現在も活躍中の1070形電車。同型車両だったのよコレ。
今は貫通化しとるんだけども昔は湘南顔だったのよね。

P7221782_R
P7221783_R
P7221784_R


さて、さっそく車内へ。1070形電車ではめっさ長いロングシートになっていますが、京急時代のころはセミクロスシートでした。あとはほぼ既視感が…w

P7221790_R
P7221791_R
運転台。メーター部分にはソレ風の紙が入れられてました。

P7221787_R
入り口の上におそらく当時のものと思われる路線図が… ちとゆっくり見てみることに。

P7221788_R
P7221789_R
若干何かが違うぞ…w

油壺までの延伸計画が載っていたり、京浜逗子・逗子海岸の駅名が載っていたり…
これは見てて楽しいなぁ… なお油壺までの計画は白紙になり、京浜逗子・逗子海岸は統合されて新逗子駅になったそうな。Oh

また香川に帰ったら1070形に乗りに行こうかね。

このページのトップヘ

見出し画像
×