カテゴリ

カテゴリ:熊本県観光・風景

ユリくまもん嵐:九州熊本旅行 vol.11(last) 熊本空港周辺

カテゴリ:

75004702.jpg


夕飯食べたらもう夕暮れ。自動車が絶え間なく走る国道57号線沿いを歩いていきました。
途中昔行ったことがあったレストランやら店やらを発見したのでちょいとテンションが上がりました。まさかもう1度来ることになるとは・・・ 予想できただろうか。

b92121a0.jpg

もうすぐで帰るのかぁ・・・ 2日は本当に短い・・・

大体30分ちょいで肥後大津駅に到着。そこからシャトルバスに乗って空港へ。

aaeb88c1.jpg

まだ出発に余裕があったんで飛行機とかを撮影してみたり。
(ちなみに写真に写ってる航空機はソラシドエアという宮崎の航空会社のもの)

飛行機を撮りながらまた遠いどこかに行ってみたいなという気持ちが湧いてきました。福岡とか沖縄とか長崎とか・・・東北地方もいいな・・・
いっそのことパスポート取って台湾に・・・は大分先になりそうだけどもw

そんな想像を繰り返していたらいつのまにか出発時間間近に。保安検査を受けてゲート前で待っていました。
で、出発時間になったんですが・・・福岡空港が航空機故障に伴い一時閉鎖になった影響で、
熊本にダイバートする航空機が続出。出発がちょいと遅れました。

こういうことって・・・あるんだね・・・

てなわけで今回の記事を以て熊本旅行の記事を終わりたいと思います。観光地も行けたし電車も存分に乗れました。しかも当地の料理を存分に味わうこともできました。
本当に満足としか言えない様な旅行でした。

また熊本を旅行する機会があったら阿蘇や天草などにも行ってみたいと思います。いつになるかはわからんけどねw

てなわけで熊本旅行編、ここにて完結。


前回:肥後の路


ユリくまもん嵐:九州熊本旅行 vol.10 松浜軒&八代市立博物館未来の森ミュージアム

カテゴリ:

b7196fab.jpg

お昼ごはんを食べた後は再び観光。城横にある松浜軒に行きました。

松井家の3代目、松井直之が母のために作った茶屋です。冷静に考えると凄い親孝行ですな・・・ 自分がやったら絶対破産しそうだw(リアル

8a6291e7.jpg
793b5db9.jpg

12f1f125.jpg
c9d9bcd7.jpg


国の名勝である松浜軒では茶屋のほかに立派な庭園が見ることができます。また、6月ごろには肥後花菖蒲と呼ばれる肥後六花の一つが見れるんだそうな。

季節に応じて見に行く、どこの庭園でも言えることだけどもそれぞれの庭園に個性があるので見ごたえがある。庭園とはそういうものである。

ちなみに、園内にある展示館でひな祭りの展覧会をやってきました。初期の簡素なものから豪華絢爛な雛人形が展示されていました。

fa1d5f50.jpg

こちらでも同じひな祭りの展示会をやってました。
八代市立博物館未来の森ミュージアム。なだらかな丘の上に建ってるような博物館です。(ちなみに丘の内部には展示室の一部があります。

・・・てか市の建物の雰囲気がしないほど建物のデザイン凄いなw

で、こちらで雛人形や松井家に嫁いで来た姫君の婚礼道具などを見ました。いつも思うけどもこういうのって今に至るまで大切に保管されてますよね。傷がほとんどない・・・

・・・自分も物は大切に扱っていかねばな。DVDとか(ゑ


さて、八代市観光のお話はここまでです。次回は時間飛んで夕食のお話です。移動に時間かけてなぁ・・・w

てなわけで次回に続く。


前回:ラーメン
次回:飛んで夕食


ユリくまもん嵐:九州熊本旅行 vol.9 八代城跡&本町商店街

カテゴリ:
八代駅から歩いて八代城跡へ。

ac5fbe67.jpg

八代といえば城下町。そりゃぁお堀も石垣もありますさ。
ちなみに建物は現存してないです、Oh。

dedb5eeb.jpg

なお、建物があったころはこういう感じでした。城があったころ、江戸幕府が一国一城令を出していたんですがここらでは特別に一国二城が認められていたそうです。仮に認められていなければ、このマップ自体存在しなかったかもしれません。おそろしや。

3fca9659.jpg

橋を渡って城内へ。

efb56236.jpg

城内には(旧社格でいう)官幣中社八代宮がありました。明治に廃城した後に地元の強い要望によって創建された神社です。

5bdf0418.jpg

もちろんきちんとお参り。拝んだ後に横にあったおみくじを引く。結果は・・・末吉でした。前回と同じでした。ほう(スマシ顔)

13c8b085.jpg

八代城に行った後は参道を通って南下。

0479b400.jpg

城の南部には商店街がありました。かつては熊本で随一の繁華街として栄えていたらしいんですが、現在は郊外にできたイオンやゆめタウンなどに押されてシャッターが目立つ商店街になりました。なんかさびしいな・・・

ちなみにこちらの商店街、熊本の商店街と同様に

1ff8f257.jpg

ひな祭りやってました。小ぶりなやつとか幼稚園の子供たちが作った紙のやつとか・・・ 熊本市のひな祭りとは違った個性のあるひな祭りだなと思いました。

なお、(写真撮ってないんですが)商店街にあるお店もひな祭り仕様になってました。店頭に雛人形を飾るお店や店にびっしりと飾る店・・・ 初めあの店「人形の久月的なお店かな?」と思ったんですが看板見てみると和菓子のお店でした。
頑張ったなああのお店w 
ちなみに今年のひな祭り、3月8日を以て終わったらしいので来年熊本に行く方は是非ともこちらへどうぞ。

さて、今回の記事はここまでです。次回は昼食回です。商店街で出会ったお店を紹介しますゆえ。


前回:鹿児島本線&八代駅
次回:昼食


ユリくまもん嵐:九州熊本旅行 vol.8 鹿児島本線(熊本~八代)&八代駅

カテゴリ:

004345bc.jpg

水前寺から熊本駅に行くことに。その際に路面電車に乗ったんですが(熊本駅に行く)A系統じゃなくて間違えてB系統に乗ってしまいました。辛島町で降りたので上熊本駅まで行かずにすんだんですが・・・
乗車する際には気をつけましょうw

で、電車にのって熊本駅に到着。このとき自分は阿蘇山に行くか八代に行くか悩んでいました。どっちに行こうかな~と考えてたら、肥後大津行きの電車(熊本~肥後大津が電化区間なので電車は大体肥後大津まで、そこから先は気動車による運行)がいつのまにか出発してたんで八代に行くことにしました。(結構あっさり)

984d33a4.jpg

JR九州817系電車。1日目に乗った815系をベースに開発された車両です。正面部分の黒塗装が特徴的ですね。

fc931916.jpg

車内はこんな感じ。転換式クロスシートで815系と同じく、座布団が独立していました。なので乗り心地はええ感じ。

※ちなみに上の写真を以て記事に掲載した写真が4000枚を越えました。数がおかしい。ちなみに自分がデジカメで撮影した写真枚数はこれの数倍です。さらにおかしい。

で、出発進行!

086595b7.jpg

熊本の風景がどんどん流れていきます。正直都会の喧騒から逃れる形で九州の田畑の風景を車窓から。これだけでどれだけ幸せになれることだろうか。

8356179e.jpg

そして八代に到着。熊本県で今まで行ったことがないところです。

f1ff2ba2.jpg

まず初めに八代市の概要についてさっくり説明。
八代市は肥後細川氏に仕えた松井家の城下町として栄えた町で、人口は約12万人と熊本県下では第二位の規模を誇っています。

7c8da28d.jpg

また八代は工業都市としても知られています。駅のそばには日本製紙の大きな工場が立地しています。(駅から工場の煙突が見えるって竹原駅でもあったな) 八代で工場見学するのもいいかもしんないな。特にお酒の工場(メルシャンの八代工場があるそうです)とか・・・グフフw

78eee9dc.jpg

ちなみに町の玄関口である駅には先ほどの写真に写ってるJRのものだけでなく、肥薩おれんじ鉄道と呼ばれる第3セクターの駅もあります。ここから鹿児島の川内まで行けます。鹿児島もいつか行けたらなぁ・・・ 霧島のお酒を(酒ばかり)

さて、酒が飲みたい願望が湧いてきたところで今回の記事はここまでです。
次回は八代の観光地に関する記事ですゆえ。てなわけで続く。


おまけ

8d7f5dac.jpg

どこまで誘惑してくるのか。讃岐うどんよ・・・w しかもさらっと24時間営業という・・・




前回:水前寺成趣園
次回:城下町を巡る


このページのトップヘ

見出し画像
×