カテゴリ

カテゴリ:奈良県観光・風景

あの鐘を鳴らすのはどなた?【2019.12 奈良県・信貴生駒スカイラインにて】

カテゴリ:
さぬき市でうどんを食べた後、神戸淡路鳴門道を通り阪神高速へ。
都市高速は相変わらず走り慣れんね…w 3号神戸線は渋滞だらけだし。

…5号湾岸線の計画が具体化したらしいけども何年後になるのかしら(´ー`)

13号東大阪線を走り水走ランプまでやってくる。ここでそのまま直進したら第二阪奈道路を通って奈良県に入る…んですが、そのまま入ったんじゃ面白くない。

ということで、水走で降りて阪奈道路を通ることに。
PC101162_R
※ここまで文字だらけなので阪奈道路手前にあるマルナカの写真をぶっこんでおく(ゑ

めっさカーブが多い阪奈道路、たまにローリング族が出るんだとか…怖い(;´Д`)
で、その阪奈道路の途中に気になるところがあったんで行ってみることに。
PC101163_R
それがこちら、信貴生駒スカイライン。奈良県と大阪市を隔てる生駒山地を南北に通っている道で、近鉄系の会社が運営管理するところなんだそうな。
…せっかく来たんだし走ってみるかw ということで走ってみることに。
通行料は阪奈道路に面した登山口ICから信貴山方面の往復で1950円ほど。…ちと張るなぁw まぁええか(´ー`)

全線に渡って2車線のスカイライン、所々に展望台があって奈良盆地や大阪平野が一望できるスポットがあるそうで…

PC101166_R
PC101167_R
その展望台のうちの1つ、パノラマ駐車場ってところに来てみました。
いや~平日に来たから誰もいねぇwww貸切じゃんww …ってな感じでエキサイトしていたら縁に謎のティッシュが散乱していてあっし闇を感じる(-_-;)

PC101185_R
PC101170_R
大阪平野の風景はこういう感じ。あ~…若干モヤがかかってて中途半端な状態に…w
よ~く凝らしてみたら梅田の超高層ビル群やあべのハルカスがチラッと見えました。

雨が降った後の晴れた日に来たらスッキリしとるんだろうかねぇ… あと夜景とかも凄そうだね。
PC101168_R
PC101173_R
PC101172_R

ちなみに奈良盆地側はこういう感じ。大都市圏に一応隣接しているため住宅地の開発が進んでいました。丘陵越えた先は奈良市、高いビルがないから穏やかな風景が広がってるね。すこ。

PC101175_R
さてさて場所変わりまして、鐘の鳴る展望台というところにやってきました。ここにはカップルが愛を誓って南京錠をつけると幸せになるっていうヤツがあるそうで… 松山の伊予灘SAでもあったよねそういうの。

PC101190_R
展望台のさきっちょには鐘がありましたね。カップルが一緒にそっと鳴らすと幸せになるんだとか…

自分ソロで来てるんですけどもちと鳴らしてみようか…

スッ(ロープを少し揺らす)

鐘「カ━━━━(゚∀゚)━━━━ン!!」
うわっ意外に音がするやつだった帰ろう帰ろう(ゑ


ということで信貴生駒スカイラインレポでした。もっと空気が澄んだ時にまた来てみようかね。

古都でんの旅【2019.1 平成期最後の奈良観光 長谷寺/後編】

カテゴリ:

 P1146067_R
拝観料を払った後、仁王門を潜って本堂へ。

P1146072_R
P1146074_R
そこには重要文化財に指定されている399段の登廊があるわけですよ。木の柱が本堂までずらっと並んでいる風景は圧巻モンですよ( ˘ω˘ )

P1146081_R
P1146091_R

そして本堂へ。本堂近くでは納経・集印所だけでなく、お守り等の販売所もございます。今年入ってからまだ初詣してなかったということで、ここで交通安全守りと健康守りを購入しました。

そしてここで本堂の中へ。右から左へ向かう形でご本尊(十一面観音)を拝む… そして拝んだ後に本堂の正面に行くと…
P1146101_R
P1146089_R
舞台があって、門前町と長谷寺の全景が望めます。山の中腹に本坊・五重塔等の施設が密集しているため、まるで都市を築いているような様…

空気が綺麗で参拝して良かったな~と思いますゾ。
ちなみに時間の関係で訪問しなかったんですが、奥之院があるみたいで。また訪問した時に歩いて行きますかな…


古都でんの旅【2019.1 平成期最後の奈良観光 長谷寺/前編】

カテゴリ:
P1146037_R
うどん屋ハシゴした後に長谷寺へ行くことに。最寄り駅の駅名の由来にもなっているこちらの長谷寺…気になってたから行かないとね。

西国三十三所の1つ、真言宗豊山派の総本山である長谷寺は初瀬山の中腹に本堂やその関連施設を構えているお寺で、近場には門前町が形成されております。

昨年の大晦日の酒場放浪記で吉田類さんここ訪れたみたいですね…愛媛の方でオトンが録画してくれてるんで今度見てみませう。
P1146053_R
P1146057_R
P1146060_R

道沿いには古い町並みが形成されていて、草餅などの和菓子店や素麺のお店・地酒の販売店など…すっごいそそられるゾ… あと、調べてみるとここらってそうめんが特産品らしいね。三輪そうめんってもの、道沿いの店でこれでもかってほど見かけたねw
あとそのそうめんを使ったにゅうめんを提供するお店ってのもあって… これまたホイホイされてしまうw …流石にうどん屋2件巡ったばかりなので、三輪そうめん巡りはまた今度で。

そうか…奈良県はうどん県でもありそうめん県でもあるのか…(しみじみ

P1146061_R
P1146067_R

さてここから階段を上って本堂へ行きます。本堂へは階段がズラーッと続いており、その途中にある仁王門の手前で拝観料を支払います。大人500円やで。

さてここから~…のとこだけども結構長くなりそうなので一旦前編として終わります。後編に続く。

 

古都でんの旅【2019.1 平成期最後の奈良観光 元興寺】

カテゴリ:
お次のお寺は住宅街の中にあるこちらのお寺。
P1145978_R
P1145986_R
元興寺。日本で本格的な仏教寺院である飛鳥寺が平城遷都に伴い平城京に移転してきたお寺です。
見た感じよくある街中のお寺といった感じなのですが、調べたところ昔は周りの住宅街一帯(近くの商店街も含む)がこのお寺の敷地で様々な施設が連なっていたそうな…どれくらいだったかっていうと今の数倍…10倍くらいかな。とても広くて日本最初のお寺のルーツがある…深みがありんす。
あとこちらも興福寺と同じく世界遺産に登録されております。

で、こちらは敷地内に入るためには拝観料がいるんで入り口付近で料金を払います。料金は大人500円ほど。

P1145981_R

入ってすぐの所には本堂(極楽堂)があります。
かつてここには僧坊があったんですが、それを改造する形で生まれた本堂なんだそうな。内部は1周できる形でじっくりと見て回れます。
ちなみに屋根瓦は日本最古級のモノ、色褪せ具合が歴史を物語っています。古いけどもきちんと整備されてるのね…全然波打ってない。

で、その南部にある法輪館(総合収蔵庫)にて重要文化財観賞。木造の阿弥陀如来像や16歳の頃の聖徳太子の像など…このお寺に関する様々な資料等を展示。
そしてかつての元興寺のマップも…このマップ見たら結構驚くでw このお寺が移転当時どれくらいの勢いだったかハッキリわかる。

あと元興寺が文化財保護に力を入れていることも知る。なんか近場に研究所があって、最新機器を用いた文化財の修繕・保護を行っているそうな。元興寺だけでなく全国の伝世・記録資料等も直してるらしい… この頑張りがあるから今も当時の記録に触れることができる…ありがたいもんである。

ということで元興寺の記事はここまで。今度の記事は一気に飛んで昼ごはん編です( ˘ω˘ )

このページのトップヘ

見出し画像
×