カテゴリ

カテゴリ:大分県観光・風景

海門寺温泉【別府八湯No.6 大分県別府市北浜】

カテゴリ:
明礬温泉に行った後、お風呂入りに別府駅前に。

この旅行で5件も温泉施設巡ってるよ…w ホテルの風呂含めると6件(入った回数だと朝風呂含めて7回)だな…なんか体からビオレ感が漂ってる…;;
インスタント静香ちゃんになれる町…いやこのキャッチフレーズは間違ってる(;゚Д゚)

PB014256_R
つーことで駅近くにある海門寺温泉に訪問してきました。亀陽泉と同じく多目的ホールが併設されている綺麗な温泉施設です。2010年(平成22年)にリニューアルしたそうでそれまでは古い建物があったそうな。自分が来てない間にバンバンと建替えられてる所があるのねぇ…

でさっそく入館。館内は左側に多目的ホールで奥に受付&浴場入り口があるスタイル。入浴料は他の市営温泉と同じく100円…親に勧めたいなコレw
脱衣所と浴場のスペースは亀陽泉同様に扉で分離されており、段差がほとんどないバリアフリーのつくり。浴室内は洗い場スペースと浴槽スペース(あつ湯・ぬる湯もあるで)があります。

体を洗い温泉に入る。泉質はナトリウム炭酸水素塩泉で効能は筋肉のこわばりや痛み・胃腸機能の改善など。あつ湯の方はちょうどいいくらいの熱さで体のこわばりがじんわりと溶けていきます。
で、ぬる湯の方はいつも入るお風呂と同じくらいの温度で気持ちのいい感じ。

あつ湯とぬる湯に交互に入浴しました。この旅行でかなり疲れが取れたね…温泉はいいゾ。


【海門寺温泉】
〇大分県別府市北浜2丁目3番2号

〇料金:100円(受付・前払い)
〇営業時間:6:30~22:30
〇定休日:年末大掃除日(不定)
〇駐車場:有



 

いで湯といつものうどん旅【2018.11 別府明礬温泉】

カテゴリ:
十文字原展望台から進んだところに温泉地があることを知り、行ってみることに。
PB014237_R
PB014238_R
高台に立地する明礬温泉湯の里、ここでは温泉施設だけでなくそれに関連する商品(湯の花とか)が販売されとります。
今回の旅行で訪問した施設の中で一番硫黄の香りが漂っていましたね。
PB014239_R
奥に行ってみると湯の花を作る小屋がズラリと並んでいて、温泉地らしい雰囲気…あと外国人観光客が多い多いw 近隣諸国から近いからね。

で、ここでは江戸時代からず~っと昔ながらの製法で湯の花が作られているわけです。

PB014240_R
PB014242_R
PB014247_R
PB014243_R

湯の花小屋の見学は無料。中では成長している湯の花を見ることができるわけです。
これを数か月後に見るとニョキっと生えてるわけですな… 化学の力ってすげー!(微ポ感
で、時期を逃すともう採取されて短くなってると… いやそれは想像しないほうがええなw

PB014245_R
PB014253_R
秋の温泉地らしい風景、温泉卵に紅葉に立ち上がる湯気に硫黄の香り…
温泉プリンってのもあったね。あれは食べたかったが最近甘い物控えてるんでね…;;残念。

PB014254_R

で、この住宅街の中に市営温泉があったらしいんですが気づかずに他のとこに行ってしまいました。また別府寄った時に寄りましょうかな…




いで湯といつものうどん旅【2018.11 別府市・十文字原展望台】

カテゴリ:
別府市というと扇状地沿いに市街地が形成されており、坂が多い独特な雰囲気の町。
そんな町並みを上から見たらどうなるのか…?それを実現してくれる所があるので行ってみました。

PB014231_R
日本の夜景100景に選出されている十文字原展望台、ここからは別府市街だけでなく別府湾岸の風景を見ることができます。県道500号線を走ってたらこの展望台の看板があるんですが、曲がって進んだところにペット霊園の看板があります。その看板がないほうを進んだところにこの展望台がありますよ。

自分間違えて看板がある方に行っちゃってね…ず~っと下り道だから「絶対違うなコレ」って思って引き換えました。道には気を付けよう( ˘ω˘ )

で、ここの展望台から見える景色がこちら。
PB014223_R
PB014224_R
PB014225_R

まずは別府市街地、国道10号線沿い・駅周辺に市街地が発達していることがよくわかります。また街並みが密集してるんで田畑がほとんどないことがはっきりと…
別府市と大分市の間には象徴的な山、高崎山があります。ここの山麓にはニホンザルと触れ合える公園があるそうですよ。
PB014236_R
大分市方面、海岸沿いには新日鐵住金などの工場群が並んでおります。昭和中期までは20万人ちょいの小都市だった大分市、新産業都市の認定を受けてからは工業都市として栄えて人口が激増し50万近くになったそうな…

あまりにも急速だったためか、なだからな山の上に団地やニュータウンがボンっと造られるのが特徴です。東京行った時にこういう風景見たことあるな。

PB014229_R
国東半島&日出町。

別府市&大分市のベッドタウンとして栄えてる町です。
ここによくCMが流れている二階堂酒造の本社があるそうで… お酒呑みたい(´・ω・`)

といった感じで、別府湾岸の風景を堪能しました。
今度は暗くなった時に行ってみたいね…こんなに建物があるから夜景は凄く綺麗だろうね。

亀陽泉【別府八湯No.5 大分県別府市亀川中央町】

カテゴリ:
PB014194_R
筋湯に行った後、近場に温泉ないかな~と思ってぶらぶらしていたら

PB014166_R
亀陽泉という新しい建物の温泉があったので入ってきました。
中世の災害で埋もれたけども明治に再興し、大正・昭和と建物を建て替えながら2016年(平成28年)に多目的ホールつきの新しい建物に建て替えたんだって。真ん中の六角形の窓が特徴的である。ちなみにこちらの施設、市営で入浴料が210円である…新しいのにその安さでいいのか?!って考えちゃうんだけども別府市だから出来る技なんだろうね。凄いもんだw てかこれでもよくある温泉施設の半額以下なんだよね… 現在老後のお住まいを考えておりますw

つーことでさっそく入ってみる。
入って左側に多目的ホールがあり、奥に受付と浴場入り口があるレイアウト。明るい雰囲気でよくあるバラエティ性に富んだ温泉施設感があります。
受付で料金を支払い暖簾を潜る。脱衣スペースと浴場スペースは完全に分離されていて、よくある温泉施設のスタイルに…5件目にして初めてなんですけどもね。この従来スタイルを見るのはw


服を脱いで浴場へ。ここの浴場は浴槽が2つに分かれていて、手前が「ぬる湯」(42℃くらい)で奥が「あつ湯」(44℃くらい)になってます。うどんで例えるとぬるかけとあつかけみたいなもんである(何を言ってるんだ)

こちらの泉質は単純泉で筋肉痛や冷え性・痔などに効くそうです。2つの浴槽にしっかりと浸かる…最近熱めの風呂によく入るからあつ湯が好みになってますやんか。

15年くらい前に別府来た時は熱い熱いと喚いてたけども、今になったらその熱さが癖になってるというね…確実に年を取ってるね…ハァw


【亀陽泉】
〇大分県別府市亀川中央町10番26号

〇料金:100円(受付・前払い)
〇営業時間:6:30~22:30
〇定休日:第1水曜(祝日時は翌日)
〇駐車場:有
 

このページのトップヘ

見出し画像
×