タグ

タグ:伊勢市

伊予製麺 伊勢御薗店【三重讃岐No.1 三重県伊勢市御薗町長屋字溝畑】

カテゴリ:
水族館でエンジョイした後はホテルにチェックイン。ゆっくりした後に夕飯を食べに外に出た…

んですが周辺の飲食店がほぼ閉まっちゃってました。調べたら17時・18時あたりでほぼ閉まっちゃうみたいですね。鳥羽駅周辺の飲食店(´・ω・`)

ということで再び電車に乗りまして
P7270591
再び伊勢市にやってきました。さて何食べようか(ノープラン)

で、スマホで食べるところ調べてみたらアレを見つけてしまったのでそこに行くことにしました。そのアレとは…うどん警察来そうなアレですw
P7270592
P7270600
伊予製麺
まさか伊勢に讃岐うどんチェーンの伊予うどんがあるとは…
令制国名3つもそろってなんかややこしい(´・ω・`)

理容プラージュでお馴染みの阪南理美容が母体の讃岐うどんチェーン店、公式サイト内の「ふるさとは四国の伊予 本場讃岐うどん」という文章で北四国(愛媛&香川)に激震が走ったとか走ってないとか。これが四国進出してきたらどうなるのやら…w

てなわけでさっそく入店。店内は入ってすぐに注文レーン&厨房、そして奥に座席・カウンター席・テーブル席の広々とした空間が広がっているレイアウト。M製麺と似たような雰囲気っすね( ˘ω˘ ) 若干大阪要素(メニューにかすうどんがある等)入ってますけども。

さて今回のチョイス品はこちら。

P7270593
坦々うどん(並490円)&ちくわ天(120円)&とり天(130円)

期間限定のメニューが出てたんでチョイスしてみました。期間限定系はな…あたしゃ弱いんじゃ。
P7270594
P7270595
P7270596
P7270598
まずは坦々うどんから。

麺は細目寄りでストレート、伸びと弾力感はほんのりで全体的な食感はソフトな感じでした。しなやかでベーシックなスタイルのうどんです。
で、坦々スープなんですが胡麻と辛味が利いててコクがあってんまかったです(^-^) ミンチを解いてうどんと一緒にズゾゾ… これはポイント高いよw

この坦々スタイルのうどんは向こうでも出してほしいな…出してたとこがあった気がするけどもどこだったかな(´ー`)
P7270599
お次にサブメニュー陣営。

とり天は衣はほんのりサックリ、肉は下味が付いててマイルドジューシィ食感。ちくわ天は衣がふわっとサックリ身がムッチリとした食感でした。

食べ終わった後も気になる、伊予製麺の「伊予」の由来。今後他の支店も巡れば由来分かるかなぁ…?

…分からんかw


【伊予製麺 伊勢御薗店】
  • 三重県伊勢市御薗町長屋字溝畑2167−2
  • セルフ店(食前払い)
  • 営業時間:11:00~21:30
  • 定休日:無
  • 駐車場:有

宮のある町にて【2019.7 伊勢神宮内宮・皇大神宮にて】

カテゴリ:
さて伊勢うどん巡りをした後は内宮参拝でござい。
P7270366_R
五十鈴川を渡ったところにある皇大神宮は伊勢神宮の正宮の1つであり、祭神は天照大神(天照皇大神)でござい。天(高津原)を統べるかなり有名な神様です( ˘ω˘ )

その神様を祭る神宮ということで規模はかなり大きく、別宮も10社ほどあるそうで…大きいなw 

宇治橋を渡り参道を歩いていく。
P7270368_R
規模が大きいということもあり参拝客もかなり多い。訪問日台風だったんだけどもなぁ…w それでも人をひきつける伊勢神宮という場所はとても尊い場所に違いない。。

P7270369_R
P7270370_R
内宮に沿うような形で流れている五十鈴川は昔より神聖な川として讃えられ、ここ御手洗場で口と手を洗うことが推奨されています。…この日ちと川の流れがハードモードやったけどもw

ちなみにこの五十鈴川、トラックメーカーで御馴染みのいすゞの名前の由来にもなったそうで。普段見るものの由来が伊勢にあるとはね… 伊勢は凄い土地だよ

P7270377_R
さて奥に進んで正宮へ。ここも階段から先は撮影禁止になってるので注意するように。
ちなみに正宮はかな~り大きかったですね。ここが全国の神社の中の頂点ですから…立派ですハイ。

ちなみにこちらには三種の神器の1つである八咫鏡(やたのかがみ)が祭られています。歴代天皇が継承してきたものの1つがここにある…神聖ですね( ˘ω˘ )

※残り2つは現在東京の赤坂御所に保管されているそうで。

P7270382_R

で、そのあとに別宮1箇所を参拝してきました。荒祭宮、天照大神の荒魂(その神様の気持ち的に積極的な側面)を祭神とするところでござい。

こうやって色々なところに巡ってみて思うことは、気持ちが段々と楽になって行くということ。神道の世界観っていうのは自然などの色々な分野に入り込んでるので結構興味があったりする。いいねぇ…尊い。また機会があったら参拝したいなと思いました。もちろん…台風直撃を割ける形でね…w

てなわけで伊勢神宮内宮参拝記はお終いでござい。次回はすっげぇ楽しんでる観光記でござい。

岡田屋【伊勢うどんNo.3 三重県伊勢市宇治今在家町】

カテゴリ:
おかげ横丁を出ると五十鈴川と並行する広い道に出る。
P7270352_R
P7270360_R
こちらの地区はおはらい町と呼ばれていて昔から鳥居前町として栄えていたところだそうな。道沿いにはここらの地区で特徴的な妻入り造り(入り口と屋根の向きが垂直になっている)の建物が並んでいます。豆腐店とか赤福とか一杯ありますねぇ… あとうどん店もチラホラと…

P7270355_R
ハシゴしちゃうかぁw

てなわけでお昼2件目、おはらい町沿いにある伊勢うどん店岡田屋に訪問してきました。ここいら伊勢うどんの店結構あったから迷ったよ…訪問する店w

てなわけでさっそく入店。店内は奥に厨房で手前にテーブル席がいくつか並んでいるスタイル、昼時ということもあり結構混んでいました。

席に座って食べるもんを決める。メニューを見てみるとプレーンな伊勢うどんの他に夏季限定の冷たい伊勢うどん、あと普通のかけ出汁の伊勢うどんってのもありました。うわぁ…めっさ気になるやつやんw しかもカレー伊勢うどんってのもあるというね… 迷うなぁw

P7270356_R
で、選んだものがこちら。冷やしかやく伊勢うどん(750円)

冷たく締まったうどんの上に、蒲鉾・わかめ・ねぎ・かつぶし・おあげ・ショウガが載っています。
P7270357_R
P7270358_R
P7270359_R
麺は中太くらいでほんのり丸みを帯びたスタイル、表面は滑らかで中身はとってもモッチリとしていました。締り具合はそこそこ感じられました。

たまり醤油のタレと絡めながら頂く。ショウガで少しアクセントをつけると清涼感が増して食べ応えがあります。ワカメも新鮮味があって一緒に食べると涼しい…( ˘ω˘ )

…結構満腹感が得やすいね、伊勢うどんってw 昼2件目でかなり満腹度合いがもうマックスになってるというw

伊勢うどん、まだまだ調べる価値がありますハイ( ˘ω˘ )


【岡田屋】
  • 三重県伊勢市宇治今在家町31
  • 一般店(食後払い)
  • 営業時間:10:30~17:00
  • 定休日:木(祝日時営業)
  • 駐車場:無

うどんや ふくすけ【伊勢うどんNo.2 三重県伊勢市宇治中之切町】

カテゴリ:
P7270325_R
外宮から内宮への移動。
内宮は伊勢市街から離れた所にあるので近鉄電車で移動しました。伊勢市駅で乗車して鳥羽・志摩方面に向かって数駅…近鉄五十鈴川駅で降りました。
で、まだ離れているので内宮行の路線バスに乗車(ちなみにこのバス、外宮内宮線という路線名で名前の通り外宮と内宮を結んでるんですよね…近鉄乗らずにソレ一本で行けんじゃん!っていうお話は置いといて…)

本当だったら内宮前まで行こうと考えてたんですが、その手前にある神宮会館前という停留所で運転手さんが一言
「おかげ横丁はこちらからが近いです」

気になったんでそこで降りることにしましたw
P7270334_R
おかげ横丁はかつて内宮の手前に形成された鳥居前町を再現したところで、古い町並みが形成されております。1993年(平成5年)ごろに開園したらしく、その時に伊勢土産で知られる赤福が大いにかかわったそうな。赤福の広告、香川のかまどよりたくさん見かけたけどもどんだけ稼いでるんだ…w
奈良県の近鉄駅構内のショップでも見かけたからね。かなり影響力はあるんじゃないかと。

で、おかげ横丁をぶらりぶらりと歩いていたらお腹が空いて来たんで何か食べていくことにしました。一体何を食べようかな…あ

P7270343_R
P7270341_R

うどん屋さんがあるやん!てなわけでおかげ横丁の中間地点にあるふくすけに訪問してきました。昔の茶屋みたいな雰囲気を醸し出すこのスタイル…これはソソられるゾ~w

てなわけでさっそく入店。注文方式は先に受付でメニューを言って支払うスタイル、そいで番号札持って席で待つって感じ。何も難しい点はない( ˘ω˘ )

で、今回チョイスしたものはこちら。
P7270336_R
手打ち伊勢うどん(650円)

単なる伊勢うどんと手打ち伊勢うどんがあったんで、何が違うんですか?って店員さんに聞いたら
「手打ちは当店内で製麺して作ってるんです( ◠‿◠ )」とのこと。定番品は機械打ち系だそうです。

手打ちの伊勢うどん…どんなんかしら。
P7270337_R
P7270338_R
P7270340_R
讃岐うどんでもこの太さには遭遇したことはなかったなw

麺はかなり極太で大体1cm2ぐらいだろうか…断面積はw 色はホワイトカラーで表面はしっかり中身はかなりもっちりとしてました。柔らかいのにとてもがっしりしてる…重そうだから切れるかな?って思って持ち上げてみたら切れず。伊勢うどんって意外にタフなとこがあるねw

タレはたまり醤油を用いたかなり黒めなカラー。濃厚でコクのあるタレを麺に辛めながら頂きました。表面はほんのりざらつきがあるからそこにタレが入り込んで、味がしっかりついてくるね。
うんうまし( ˘ω˘ )

かなり小麦の香りが豊かで味わい深い一品でした。



【うどんや ふくすけ】
  • 三重県伊勢市宇治中之切町52
  • 一般店(食前払い)
  • 営業時間:10:00~17:30
  • 定休日:無
  • 駐車場:無(市営駐車場利用)
  • 開店日:1993年(平成5年)7月16日

このページのトップヘ

見出し画像
×