タグ

タグ:温泉

白鳥温泉 食堂【No.816 香川県東かがわ市入野山】

カテゴリ:
山に登った後は何かゆっくりしたい気分。
じゃあ付近にあるゆっくりできる施設に行こうではないか。

P6062608_R
ということで今回やってきたのは水主地区から南に行ったところにある温泉施設、白鳥温泉。
今回ここでは温泉に入るだけでなく…もう1つ目的があったりします。

…まぁ大体わかってるだろうから話進めますね(ヲイ
P6062617_R
館内入って左側に進んだところに食堂がございまして。まぁここでうどんが食べれるってわけですよ…ありがたいね( ˘ω˘ )

早速食堂内へ、スタイルとしてはフードコートの方式とほぼ同じ。メニューはうどんの他に定食・ラーメン・丼物といった感じでバリエーションがありますね…
…食堂の海老ピラフとか…マジで心揺れ動くんですけども(ゑ

さてさて、今回は4年前にここの温泉入りに来た時に「あっ、これよさげなやつやん」って思ったもんをチョイスしてみました。
P6062612_R
それがこちら、鍋焼きうどん(630円)

鉄鍋方式で固形燃料であっためるタイプのやつ… あまりないですよ…うどん提供店でこのタイプの鍋焼きうどん出すとこ( ˘ω˘ )

P6062614_R
P6062615_R
P6062616_R
麺は中細でプリプリとした均一ストレートスタイル、ほんのりアツアツで体が温まる… 夏にはいい一品じゃ(ゑ まぁたまに夏に鍋焼きうどん食べたくなるんだよね。窓の外の涼し気な風景を見ながらズズっと、いいじゃないの。

お肉は牛肉で甘辛、どんこやタケノコなどが入っててエキスが染み込んでんましです。どんどん暑くなってきたら…玉子を絡めて…とてもコクがでてこれまたgood( ˘ω˘ )

P6062609_R
あとこちらも頂きました。ちらし寿司でござい。

タケノコ・シイタケ・人参が載ってる田舎風のちらし寿司。ほんのり甘くてとても懐かしい… 外の家でちらし寿司を食べる機会があったんだけども、それを思い出すね…

さてさてたっぷり食べてたから体力ついたぞ。温泉も入ったから疲れもしっかり飛んでるしよかよか!
温泉ええぞ(^-^)


【白鳥温泉 食堂】
  • 香川県東かがわ市入野山465
  • セルフ店(食前払い)
  • 営業時間:11:00~20:00
  • 定休日:無
  • 駐車場:有

ブラック・クェッラ -黒の泉質-【2019.11 八幡浜市・みなと湯にて】

カテゴリ:
PB301046_R
PB301051_R
八幡浜はリアス式海岸沿いにある町、街沿いの風景を撮影して行きました。
山肌一面に広がるみかん畑、海沿いのフェリー乗り場。アーケード商店街などなど…
八幡浜の風景を写していくと、もっとこの町に触れたくなるって考えますね。八幡浜ちゃんぽんの未訪店もありますし、塩パン発祥の店とかレンガ通りみたいなレトロな地区もありますし…
巡り甲斐のある町です、八幡浜。

さてさて、そんな八幡浜市にて数年前に新スポットが誕生したということで訪問してきました。全国的に見てもとても珍しいところでっせ( ˘ω˘ )
PB301055_R
PB301056_R
それがこちら、八幡浜黒湯温泉みなと湯。フジグラン北浜の隣、八幡浜市役所のすぐ近くに立地しとります。

一見するとよくあるスタンダードな温泉施設なんですが、使用している温泉がかなり珍しいものになっとります。その使用している温泉というのがモール泉。泥炭や亜炭などの有機質が溶け込んだ温泉で、色合いが少し黒く濁っていることが特徴の温泉です。白く濁ってるところはよく見るけども、黒く濁ってるところは…かなり珍しいよね。ちなみに中四国地方で黒湯に入れる施設は…今のところガチでここだけだったりする、wowレアやで。

てなわけでさっそく入館。大人は600円ほど、リンスインシャンプーとボディソープは浴場で備え付けになっております。フロント向かって左側に休憩所(有料のマッサージチェアつき)、右側に自販機コーナーがありますね。

さてさて入湯。体を洗ってから温泉に入る…
温泉の様子を見てみると少し黒い感じ、オープン当初はもっと黒かったそうで… どんだけ黒かったんだろうか…?w
で、ある程度入っていると体がスベスベになっていくのがわかります。美容にいいゾ~…自分に必要かどうかは知らんけども(ゑ

ちなみにこちらの温泉、露天風呂とサウナもついとりますよ。じっくり堪能できるんで、八幡浜でリラックスしたい方にはお勧めですね( ˘ω˘ )


おまけ
PB301038_R
近場の商店街、黒湯が出て以降「黒い商店街」というテーマで色々とやってるそうな… 黒いカレー・黒いちゃんぽん・黒い今治タオルなどなど…色々な黒い商品を売っているそうで…
この町ではちゃんぽん巡りだけでなく、黒巡りができる…何だ黒巡りってw

春日温泉【No.792 香川県さぬき市寒川町神前】

カテゴリ:
今回は新ジャンル「温泉施設のうどん」を開拓してきました。
県内にある温泉施設、そこの施設には食堂が併設されていてうまそうなおうどんが食べられるわけですよ…寄らんわけには行かないよね(◔౪◔ )

つーことで本題スタート。

場所は県道139号線沿い、まはろ近くのT字路を南に向かって行ったところにございます。
のどかな田園風景が広がる中、こちらの看板が見えてくるわけです…
P9191191_R
春日温泉。

その横にはお食事うどんの文字!食事とうどんが別々に書かれているわけです…つまりうどんは食事とはまた違う別の行為という扱い…んなわけない(´・ω・`)

P9191190_R
さてさて施設駐車場に車を停めて早速訪問。雰囲気からバリバリに公営施設感漂っていますw

入館して靴を靴箱に入れ、右側に進んでいく。すると食堂コーナーと温泉コーナーの分かれ道が…もちろん今回は食堂ですw
食堂入り口には券売機(メニューと一緒に温泉の券も売られとる)があるんですが単品メニューの他に定食メニューもズラリ…また悩むてアンタw

とりあえず直感で選んだものを推し、食券をおばちゃんに渡す。
何を渡したかというと…
P9191183_R
こちらの食券ですね。

今回のチョイス品、うどん定食(600円)

かけうどんの他、鮭のまぜごはん・煮物・フライもの・漬物・サラダなどなど…充実しとりましたね。
かずやでカツカレー食べてから1時間後の食事とは思えない。

P9191186_R
P9191187_R
P9191189_R
麺は長方形断面の中細スタイルで全体的にもっちりとした食感のものでした。とてもシンプルな感じ、出汁も少し辛めな感じで麺にそれなりに絡んでました。

シンプルにんまし。
P9191184_R
フライもんとか食べてみたり。

左から海老クリームコロッケ、チーズチキンカツ×2
コロッケはしっとりとしてて濃いめなお味、かつはモッチリ食感でしたね。ソースかけて食ってそれなりにんまかったので
P9191185_R
鮭ごはんをかっ込むわけですね。

600円にしては結構ボリュームあったね…こりゃ満腹になるわw

今後も温泉施設のうどん店、巡っていきますよ( ˘ω˘ )


【春日温泉】
  • 香川県さぬき市寒川町神前22
  • 食券制(食前払い)
  • 営業時間:11:00~20:00
  • 定休日:火
  • 駐車場:有

みささささささ 地上噴出のスパ【2019.06 鳥取県三朝温泉の旅】

カテゴリ:
蒜山で珈琲ブレイクしたあとは津山に向かって走っていました…が、途中でとある交差点に差し掛かる。一方は津山行でもう一方は鳥取県の温泉地(なんか色々ある)に向かう交差点である。

雨めっさ降ってるし、このまま津山行ってもやろうと思ってたこと(津山城に上る等)できなさそうだな~と考え…

P6158740_R
P6158745_R
温泉に行くことにしました
。温泉だったら雨でも入れるからね!

ということで本来の予定にはなかった、鳥取県の三朝温泉に訪問してきました。三朝温泉は米子の皆生温泉に次ぐ入湯客数を誇る温泉街、川沿いに旅館やホテルが並んでいます。うん、ザ・温泉街感が伝わってるねぇ。

ちなみにここの温泉、とある作品に関わりがあるところだったりする。花咲くいろはじゃないです、アレは石川。

P6158741_R
それがこちら。

「結城友奈は勇者である」「鷲尾須美は勇者である」に出てくる旅館大橋。この2作、四国が舞台なんですが作中で出てきてたんですよね。まさか鳥取県にモデルの建物があるとは…

ちなみにこの建物は1932年(昭和7年)築の登録有形文化財だったりする。建物が複雑に重なり合い川沿いに広がるこの建物は…中どうなってんだ?って思いますホント( ˘ω˘ ) 実際に宿泊してみたいもんだな… とりあえずその分稼ぐかw

さてせっかく温泉地に来たという事で、お気軽に入れる日帰り温泉施設を探すことに。すると大橋から少し離れたところに三朝温泉の発祥地・元湯と呼ばれる施設があることを知り、行ってみることに。

P6158750_R
P6158751_R
三朝地区の公衆浴場である株湯。温泉街の東端にある施設でござい。

公共のお風呂なので入浴料が300円と安い!これに洗髪用品と石鹸つけても500円なり、やっすいなぁオイ。ということで入ってみることに。

施設内はそれなりに新しい感じで、設備は脱衣所・浴場といった感じでかなりシンプル。以前訪問した別府温泉と上田別所温泉の公衆浴場と同じような雰囲気です。

体を洗ってから温泉につかる。かなりアツアツでしたねw でも入れない温度じゃないので、じっくりつかって「ああ^~」と変な声が出る(´・ω・`)

泉質は含放射能ナトリウム塩化物泉、源泉かけ流しスタイル。水で薄めていないので効能が程よく引き出されます。このジーンと体に来るのがええわぁ…あ、これは熱いからかw
ちなみにここいらの温泉、ラドン・ラジウムの含有量が世界トップレベルらしく入ると色々なメリットがあるそうで… また何回か来てみようかしら。

とりあえず鳥取温泉&山陰讃岐うどん巡礼旅ってのを検討してみたいと思います…なんでうどん絡めるかなぁw


P6158753_R
補足情報:ココ、足湯と飲泉もありまっせ。



【株湯】
  • 鳥取県東伯郡三朝町三朝634−1
  • 営業時間:8:00~21:45(月:10:00~21:45)
  • 定休日:無
  • 駐車場:有(途中の道が細いので注意)

このページのトップヘ

見出し画像
×